キャピトルリーフ国立公園、デッドホースポイント州立公園

ブライスキャニオンからキャピトルリーフまでは車で3時間弱。
そこまではUT-12という州道を通るのですが、この道は変化に富んだシーニックドライブ。長旅も飽きることがありません。

キャピトルリーフ国立公園には大きな見どころが無い為、ここはドライブの寄り道という感覚。
時間をあまり取っていなかったので、ポイントだけ(フルーテッドウォール、ビジターセンター、モルモン教開拓者の学校)おさえて写真に収めてきました。

その中でも見逃してはいけないのがペトログリフという先住民の岩絵。人の形をしていますが、ちょっと不気味で火星人みたいでした。

次に向かうはアーチーズ。4時間のドライブ。眠気との勝負に加え、ファーストフードのお店一つ見つける事が出来ないほど何も無い場所をひたすら走り続ける。空腹との戦い。

空腹も眠気も限界に達したころ、ようやく見つけたバーガーキング。たかだかハンバーガーにありつけることがこんなに幸せなんて。

元気が出たので半分あきらめてたデッドホースポイント州立公園に寄り道してみる事に。
コロラド川が180度のカーブを描いててものすごい迫力があります。

ちなみに「コロラド」とは「赤い」という意味です。この辺りの景色は本当に赤い。